不貞行為の重要性

裁判で不貞行為を認めさせる

不貞行為の証拠がなくても、浮気相手が不倫を認めて、慰謝料を支払ってくれるなら浮気の証拠は必要ありません。

 

しかし、ほとんどが不倫を素直には認めません。裁判では、証拠がすべてですから、実際には不倫があったのにもかかわらず、証拠がないために、不倫はなかったということになり、慰謝料の請求を棄却されることもあります。

 

証拠がないと相手から名誉棄損で逆に慰謝料を請求されてしまうケースもあります。

 

このことからも不貞行為を認めさせるには、第三者が見て不貞行為があったと認められる証拠が必要になるのです。

 

 

1度だけの肉体関係は当然浮気です。
しかし、裁判で離婚原因として認められる不貞行為とは、ある程度継続的に肉体関係と伴うものではないと、不貞行為として離婚を認めることは難しいのです。
もちろん、証拠写真などがあれば不貞行為と認められることはありますが、一般的に不貞行為を立証するには、継続的な交際を立証しなければなりません。

 

過去の裁判でも、一回きりの不貞行為を理由に、離婚を認めたケースはマレなのです。

 

パートナーが継続的な不貞行為を続けてるのなら、探偵に依頼しましょう。

不貞行為とは記事一覧

浮気調査をするうえで切っても切れない事柄としてあるのがDV(ドメスティックバイオ...